[初心者]Wiresharkの使い方

TCP/IPの勉強をしていて、レイヤー2のイーサネットフレーム、レイヤー3のIPデータグラムの中身が

実際にどんなものが送られているのかを、実際に自分の目で確かめたいと思い、Wiresharkというソフトウェア

を使ってみました。

 

Wireshark

Wireshark

ネットワーク上で何が起こっているのかを可視化できるソフトウェアです。

例えば、TCP/IPを座学で勉強するだけではイメージしにくいので、実際に僕たちが行なっている通信では、どんなデータが送られているのかを可視化することで、理解を深めることができるなど、ネットワーク初心者でも有効に使うことができます。

Wiresharkのダウンロード

以下の記事に詳しく書かれているので、参考にしてください。

Wiresharkダウンロード

イーサネットフレーム・IPデータグラムを確認

TCP/IPのレイヤー2・3を勉強していて、実際にカプセル化されて送られているのかを確認します。

まず、イーサネット・IPではカプセル化されるにあたり、どのようなデータが付与されるのか確認しましょう。

イーサネットフレーム

  • 送信先・送信元のMACアドレス
  • タイプ

以上の2つの値が付与されている。

IPデータグラム

  • 送信元IPアドレス
  • 宛先IPアドレス
  • バージョン

など複数の値が付与されている。

では、実際にWireshakrを使って確認していきましょう。

 

赤ワクが、レイヤー2のイーサネットフレームです。

中身を確認してみると、

  • Destination = 宛先MACアドレス
  • Source = 送信元 MACアドレス
  • Type = IPのバージョン(今回はv4になっている)

付与された状態になっているのが確認できる。

 

一方で、青ワクのレイヤー3のIPデータグラムの中身を確認してみると

  • Src = 送信元IPアドレス
  • Dst = 宛先IPアドレス
  • Version = バージョン(今回はv4)
  • などなど

が付与されているのが確認できる。

まとめ

このように、TCP/IPプロトコル群の各レイヤーでどんな値が付与されてカプセル化されているのかを

確認できるので、勉強にはもってこいです!

ぜひ使ってみてください。

参考文献

https://knowledge.sakura.ad.jp/6286/

https://qiita.com/To_BB/items/9079de8f2dfc86a261fa

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA