[Ruby] Amazon Product APIで商品検索してみた

amazonで落合陽一の本を買っていたら、急にamazon APIを叩きたくなったので叩いてみました笑

keyの取得がちょっとつまづいたので、備忘録として書いています。

開発環境

  • mac OS High Sierra バージョン 10.13.4
  • ruby 2.5.1p57

 

Amazon APIとは

正式には、Amazon Product APIです。

リクエストを投げれば、商品情報を取得できる仕様になっています。

必要なkey

実際にAPIを叩きに行くために必要なkeyが3つ存在します。

  • associate_tag
  • access_key
  • secret_key

上記の3つとも、amazon アソシエイトに登録することによって取得できます。

associate_tagの取得

amazonアソシエイトへの登録完了して、home画面に行きます。

すると、以下の画像の赤ワク箇所が存在しますので、それがassociate_tagになります。

 

Access_key Secret_keyの取得

このaccess_key secret_keyの取得方法なんですが、他のwebサイトをみていると、AWSに登録して取得するなどと書いているサイトが多くて、時間がかかりました。

正確には、このamazonアソシエイト上で取得可能なのでAWSに登録する必要はありません。

下画像のように、「ツール」 -> 「Product Advertising API」をクリックします

以下の「認証情報を追加する」ボタンが現れるので、クリックします。

すると、必要なaccess_key secret_keyを取得することができます。

まあ、やってみれば簡単ですね。

コード例

ここまでで、必要なkeyを取得できたのであとは実装のみです。

amazon-ecsという便利なgemがあったのでそれを使わせてもらいました。

gem

 

サンプル

 

結果

xml形式でレスポンスを得られます。

ドキュメントに利用可能なメソッドなどが記載されてるので、参考にしてください。

まとめ

意外と簡単にamzonAPI叩けちゃいますね。

商品情報を自前のDBで持つ必要ないので、便利ですね!

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA