[ネットワーク] ポートフォワーディングとは

ポートフォワーディングについて解説します。

ポートフォワーディングとは

特定のポートにやってきた処理を、指定したポート・IPアドレスのサーバーに中継すること。

下に図解します。

この例では、自宅のLAN内にあるラズパイに立てたサーバに、LAN外部からsshで接続する時の画像です。

 

1 ssh接続する

まず、LAN外部からsshでLAN内サーバにアクセスしようとします。この時にポート22、ルータのIPアドレス(パブリックIPアドレス)を指定します。

しかし何の設定もしていない場合、ルータはどのサーバに処理を送ればいいのか分からないので、sshが失敗します。

2 ポートフォワードの設定

上記のようにならないように、ルータにポートフォワードの設定をします。

設定内容は、どのポート番号に接続要求がきたら(sshの場合はデフォルトで22番ポート)、どのIPアドレスのサーバに接続するかを、あらかじめ手動で設定しておきます。

3 ssh接続の成功

上記のように設定すると、LAN外部からLAN内サーバにssh(IPアドレス、ポート指定)接続要求すると、

ルータが中継の役割を担ってくれて、LAN内サーバにアクセスできるようになります。

 

他の利用例

macからPC上のvirtualbox内のサーバ(centOSなど)にssh接続したい場合にも、利用できます。

参考ドキュメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA