[node.js] db-migrateでマイグレーションを行う方法

最近node.jsを勉強始めました。新しい言語を学ぶってやっぱりワクワクしますね!

新しい言語を勉強するならオリジナルアプリを作って見ようかと思い、node.js + express + mysql

でアプリを作り始めました。

マイグレーションに関して書いていきます!

 

利用するライブラリ

db-migrateというライブラリを利用します。

github

以上のDBに対応しています。

使い方

db-migrateのインストール

 

db-migrate-mysqlのインストール

db-migrateでmysqlを使うためには、db-migrate-mysqlが必要です。

 

db作成

このライブラリでは、database.jsonというJSONファイルでDBの接続情報を管理します。

 

database.jsonの中身は以下の様です。

 

dev, stg, pro などと環境毎にDB情報を分けることができます。(devなどの名前は何でもいいです。)

ここまで記載して以下のコマンドを打ちます。

-eオプションをつける事によって、上のdatabase.jsonで切ったnamespaceでの設定を反映できます。

これで、TestDBというDBを作成できました。

Table作成・削除

上記のコマンドを打つと、migration/2018xxxxxxxxxxxというファイルが作成されます。

以下の様にファイルを編集します。

 

以下のコマンドで、tableの作成・削除ができます!!!

 

カラムの追加

もちろん、カラム追加もできます!

以下のコマンド打つと、先ほどのtable作成の時の様に 2018xxxxファイルが作成されます。

 

ファイルの中身を以下の様に追記します。

 

あとは先ほどのtable作成と同じ要領です。

 

まとめ

以上の様に、簡単にマイグレーションを行うことができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA