[node.js]LINE Pay API使ってみた

三月にでるハッカソンのために、LINE Pay APIを試してみました。

処理流れ

上図のreserveサーバ、confirmサーバをnode.jsで実装していきます。

サンドボックス登録

LINE Payでは、サンドボックスが用意されているので、まずはその登録をします。

https://pay.line.me/jp/developers/techsupport/sandbox/creation?locale=ja_JP

登録したメールアドレスにIDとpasswordが記載されたメールが届いています。

そのIDとPWを使って、コンソールにログインします。

その中で、channel IDとChannel Secret Keyを取得します。

reserve側実装

設定

ポート5000番で待ち受けします。

LINE Pay APIでは、httpsしかテストできないので、ngrokを使って、

ローカルでもhttps通信ができるようにします。

別タブを開いて、

そして、https://<ngrokで表示されているホスト> アクセスすると、

 

実装

必要なライブラリのインストール

 

.ENV

 

web.js

 

web上でLINE Payをクリックすると、ログイン画面が表示されるので、ログインする。

 

ログインすると、

 

PAY NOWをクリックすると、confirmサーバに処理が飛びます。

confirm側実装

 

これで、決済完了です。

[参考]

https://qiita.com/4geru/items/42f1bf2666bdbad9fbe7

https://qiita.com/nkjm/items/b4f70b4daaf343a2bedc

https://pay.line.me/file/guidebook/technicallinking/LINE_Pay_Integration_Guide_for_Merchant-v1.1.2-JP.pdf

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA