BUNDLED WITHの意味

BUNDLED WITHとは

gemfile.lockの一番最後の行に追加されるあれです。

bundle install際に、bundle installしたbundleのバージョンをトラフィックするために、追加された機能だそうです。

上記のコードの場合は、bundler バージョン 1.16.2でbundle installしたことがうかがえます。

これは、すでにBUNDLED WITHに記載されているbundlerのバージョンよりも新しいバージョンで、bundle installしたときにのみ、BUNDLED WITHは更新されます。(gitの差分が発生する。)

例えば、bundler バージョン1.16.2で作成されたgemfile.lockがあるとします。

gemfileにgemを追加して、最新バージョンのbundler 1.16.3bundle installすると、

gemfile.lockに以下のような差分ができます。

 

問題

チーム開発をしていると、新しいgemなどを追加する際などに、 bundle installをすると、

各個人のbunlderのバージョンで更新されるので、無駄に差分ができてしまい、ややこしいです。

なのでその場合は、bundler のバージョンを下げて(本番のbundler バージョンに合わせる)

gemfile.lockを作成するのが得策かなと思います。

bundlerバージョンの下げる方法

すでに入っているbundlerを削除する

上記のコマンドを打つと、どのバージョンのbundlerをアンインストールするのか聞かれるので、選択する。

インストールしたいbundlerのバージョンを探す

 

インストールする

 

参考文献

https://qiita.com/suu_g/items/2b1630b8015d51c5292e

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA