AWS RDSの設定

前提として、VPC、instance(instance_ab)はすでに作成されているとします。

security group・subnet・mysql instanceを作っていきます。

アーキテクチャ

下図のようになるように設定していきます。

security groupの作成

security_group_cが作成されました。

 

subnetの作成

subnetを作成します。

CIRDブロックは、VPCに内包される・他のサブネットと被らないように設定します。

 

RDSの作成

 

エンジンは、MySQLを選択します。

下図のマスターユーザの名前と、マスターパスワードは後に必要になるので、

保存して起きてください。

あとは、ログのエクスポート関連を全て吐き出すようにチェックして、データベースの作成を完了します。

正常にDBインスタンスが作成されています。

セキュリティグループのインバウンド設定

EC2インスタンスから先ほど作ったDBインスタンスに接続していきます。

その前に、DBインスタンスのセキュリティグループに、3306番ポートを開ける設定をします。

下図のように設定します。

mysql接続してみる

まず、DBインスタンスのエンドポイントを取得します。

 

これで、DBインスタンスに接続できました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA